親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

親鸞聖人出家の動機

Posted on 27th 5月 2009 by はるき in 親鸞の仏門への思い, 親鸞の御歌紹介, 親鸞の御歌解説

親鸞聖人が9歳で、仏門に入られたことを知る人は多いですが、その目的を誤解されている方も少なくないようです。
この親鸞聖人のご出家について、「乱世を生き抜く生活のためであった」と思われている節もありますが、それは大変な誤解です。

確かに、当時、武士が政権を握り、乱世にあって貴族たちはその力を失いつつありました。
平安も中期になると、貴族の次男三男など家を継げない者は、世の中を渡るため、また出世の手段の一つとして位の高い寺院に出家をし、朝廷もまたこれを取り立て、僧としての高い位を与えるということが、一般化していたようです。

そのため、ご両親を亡くされた親鸞聖人が、9歳で出家されたのも、処世のためと思うのも無理からぬことですが、それはまったくの誤解なのです。

幼くしてご両親を亡くされた親鸞聖人は、無常を縁とされ、

「次に死ぬのは自分の番だ。死ねばどうなるのだろうか」

と真っ暗な、わが身の後生に驚かれました。

親鸞聖人が出家に際し、慈鎮和尚に手渡した一首の歌は、親鸞聖人の出家の決意を表わしたものと言えるでしょう。

「明日ありと 思う心の あだ桜
夜半に嵐の
吹かぬものかは」

「今を盛りと咲く花も、一陣の嵐で散ってしまいます。人の命は、桜の花よりもはかなきものと聞いております。明日と言わず、どうか今日、得度していただけないでしょうか」

一日生きたということは、間違いなく一日死に近づいたということです。
それは、止めることも、後戻りもできません。

時計の針は、残された時を刻み、人は死への階を滑り落ちていきます。
こうしている間にも、一息切れれば、永久に戻らぬ後生です。

後生は、万人の100パーセント確実な未来。
しかし「今、死んだら」と、真剣に問い詰めると、お先真っ暗な気持ちになるのではないでしょうか。

幼き親鸞聖人が驚かれたのは、このことでした。

「人の命は、桜の花よりもはかなきものと聞いております。明日と言わず、どうか今日、得度していただけないでしょうか」

刻々と迫る無常に驚き、「今、死んだら」と思うと真っ暗になる心の解決一つを求め、仏門に入られた親鸞聖人が、先の歌からも彷彿とします。

親鸞聖人の出家は、この後生暗い心の解決を求めるほかに、目的はありませんでした。
同時にそれは、すべての人が仏法を求める唯一の目的でもあるということを、知っていただきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

親鸞聖人9歳で出家

祖師聖人(そししょうにん)は 九歳(くさい)にて
慈鎮和尚(じちんかしょう)の 門(もん)にいり
出家得度(しゅっけとくど) ましまして
比叡(ひえい)の山(やま)の 二十年(にじゅうねん)

(※浄土真宗親鸞会発行の正信聖典P.68~69参照)

大意
親鸞聖人は、9歳で出家され、慈鎮和尚の門に入られました。比叡山で20年間、天台宗の修行に打ち込まれたのです。

前回も紹介しましたが、親鸞聖人は、承安3年(1173年)、京都日野の里に、父君、藤原有範卿、母君、吉光御前のもと、お生まれになりました。
親鸞聖人のご幼名を松若丸と言われました。

親鸞聖人が4歳のとき、父君、有範卿が亡くなり、以後、杖とも柱ともたのみとしておられた母君もまた8歳のときに亡くなられたのです。あわれ、頼りなき孤独の身となられた親鸞聖人は、しみじみと人の世の無常を感じられたのでありました。

時は平安末期、諸国に源氏が兵を挙げ、近くは木曽義仲が大軍を率いて都へ攻め上るなどと、情報が飛び交っていました。
栄耀栄華を誇った平家一門も、平清盛が急逝した後、没落の一途をたどります。
養和元年(1181年)、9歳の春、親鸞聖人は決然と出家得度(しゅっけとくど)の意を固められ、伯父君、範網(のりつな)卿に手をひかれ、東山の青蓮院を訪ねられました。青蓮院は叡山62代の座主、親鸞聖人の遠縁にあたる慈鎮和尚(じちんかしょう)の寺です。

親鸞聖人の姿を拝見した慈鎮和尚は、さてもこの児には非凡の相が備わっているぞと、満面笑みをふくまれて、
「わずか、9歳で出家を志すとは尊いことじゃ。だが、今日は日も暮れかけた。明日、得度の式をあげよう」
と言う。付き添いの範綱卿に、異存のあるはずがありません。

ところが、親鸞聖人すっと立ちあがり、筆と筆を執られ、一首の歌をサラサラと書き付けられました。

明日ありと 思う心の 仇桜(あだざくら)
夜半に嵐の 吹かぬものかわ

生死無常は娑婆のありさま、有為転変は浮世の習い、今を盛りと咲く花も、夜半の嵐で散ってしまう。人の命は桜の花よりもはかなきもの。明日と言わず、どうか今日、得度の式を挙げて頂きたい、との心を詠まれた親鸞聖人のお歌です。

「そこまで、そなたは無常を感じておられるのか」
慈鎮和尚は、大いに感嘆し、早速、得度の儀式をとり行ったと言います。
かくて、その夜のうちに黒髪を剃り落とし、得度の式を終えたのでした。

親鸞聖人は、麻の法衣に麻の袈裟、お名前も範宴(はんねん)と改められ(親鸞というお名前は、35歳の流罪以後)、比叡山に入り天台宗の僧侶となられたのでした。

コメントは受け付けていません。