親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

下山の決意

Posted on 19th 12月 2009 by はるき in 親鸞の苦悩

 12月は師走といわれるように、何かと忙しいです。やるべきことが満載、いや終らない、
という感じがするのは私だけでしょうか……。

 なぜ「師走」と言われるのかと調べると、お経をあげるために師僧が
東西を馳せ走る月であるから、という説があるそうです。

 15日から年賀状の受け付けが開始されました。

ああ、お世話になった方々に書かなきゃ、と心はあせります。
車検も受けなきゃ、
家の大掃除もしなきゃ、
実家(両家)に帰る段取りを決めなきゃ、
と、きゃ、きゃ、きゃーっと走り回って今年も終わってゆく……。

毎年同じ事を繰り返し、あっという間に5年、10年……と
経っていくのですね。

今日やるべきことは明日に残さぬ、悔いを残さぬ、
そんな一日一日としたいと思います。

 前置きが長くなりました。早速、前回の続きをお話しします。

 ある満月の夜。親鸞聖人は比叡山から、琵琶湖を見下ろされて……。

親鸞聖人「ああ、あの湖水のように、私の心はなぜ静まらないのか。
     静めようとすればするほど散り乱れる。

     どうして、あの月のようにさとりの月が拝めないのか。
     次々と煩悩の群雲で、さとりの月を隠してしまう。

     このままでは地獄だ。この一大事、
     どうしたら解決ができるのか……」

『歎徳文』という古書に、当時の親鸞聖人の生々しい苦闘が記されています。

「定水を凝らすといえども、識浪しきりに動き、心月を観ずといえども、
 妄雲なお覆う。しかるに、一息つがざれば、千載に長うゆく。
 なんぞ、浮生の交衆をむさぼって、いたずらに仮名の修学に疲れん。
 すべからく勢利をなげうって、ただちに出離をねがうべし」(歎徳文)

「定水を凝らす」とは、波一つない、静かな水面のような心になろうとすること。
「識浪」とは心の波のことで、「識浪しきりに動き」とは欲や怒りの心が絶えず
逆巻くことを言われています。

 親鸞聖人は深夜、琵琶湖の湖水を眺められ、静まらぬ、
押さえられぬ心に泣かれました。

「心月」とはさとりのこと。「妄雲」とはみだらな心、
さとりを得るのを妨げる悪い心を言います。

 涙にくもる眼を天上にうつすと、月はこうこうと冴えている。
しかし親鸞聖人の心の天は煩悩の群雲に隠され、さとりの月が拝めない。

 こんな暗い心のままで、死んでいかねばならないのかと思うといても
立ってもおれない、親鸞聖人の苦悩が痛いほど伝わってきます。

親鸞聖人「果たして、この山に私の救われる道があるのだろうか。

     煩悩に汚れ、悪に染まった親鸞を導きたもう大徳は
     ましまさんのか……」

 がっくりうなだれ、大乗院への道を、帰ってゆかれる聖人。
足取りは重い……。堂内に入り、合掌。決意して、立ち上がられ、
笠と杖を手に取って、出てゆかれる……。

 求道に、精も根も尽き果てられた聖人は、
二十年間の天台・法華の教えに絶望なされ、ついに、
下山を決意せられたのでした。

つづく

コメントは受け付けていません。

聖人の苦悩

Posted on 18th 11月 2009 by はるき in 未分類, 親鸞の苦悩

 急に冷え込んできましたね。こんな季節にはあったかーい、鍋料理がいいですね……。

 さっそく前回の続きをお話しします。

 親鸞聖人は9才の時に、死ねばどうなる、の後生暗い心の解決のために比叡山・天台宗の僧侶となられました。

 天台宗は、釈尊の説かれた法華経の教えに従い、戒律を守り、煩悩と闘ってさとりを得ようとする教えです。

 その修行は峻烈を極め、聖人のまさに命を懸けての難行が始まったのです。

 その時のことが「親鸞聖人のお歌」では次のように歌われています。

大曼行(だいまんぎょう)の 難行(なんぎょう)は
事(こと)なく成(な)され 給(たま)いしも
吾等凡夫(われらぼんぶ)の さとりには
叶(かな)わぬものと 百日(ひゃくにち)の

 修行に打ち込まれるほど、逆巻く煩悩が知らされ、苦しまれる聖人。

親鸞聖人「人間は、煩悩に汚れ、悪しか造れない。
     だから後生は地獄と釈尊は仰有る。私の心の中にも、
     欲望が渦巻き、怒りの炎が燃え盛り、
     ネタミ・ソネミの心がとぐろを巻いている。どうすれば、
     この煩悩の火を消し、後生の一大事を、
     解決することができるのか。どうすれば……!」

 難行苦行に打ち込まれ、叡山の麒麟児と誰もが褒めたたえるほどの聖人でしたが、後生暗い心の解決はならなかったのです。

 そして前回、前々回とお話ししましたように、恋わずらいに悩まれ、平家の落ち武者たちにスッパ抜かれた自らの醜い心にますます苦しまれたのです。

 またその頃、こんなことがありました。

 上辺は取り繕うことができても、心で作る悪だけはどうにもならぬと苦悶され、修行されていた堂を飛び出される。そして庭の木に駆け寄り、頭をガンガンと打ち付けて、そのまま、根元にうずくまってしまわれた。覚明房が帰ってきて、聖人の様子に驚き、駆け寄り尋ねました。

覚明  「親鸞殿、どうなされた?」

親鸞聖人「ああ、覚明殿か。この親鸞ほど、浅ましい者はない」

覚明  「何を言われる。親鸞殿ほど、仏道一筋の方は外にあるでしょうか」

親鸞聖人「覚明殿。それは、形だけのことだ。心は、醜いことばかり思い続けている、
     それが親鸞の実体なのだ」

 横にあった杖を取り、差し出されて、

親鸞聖人「そなたに、頼みがある」

覚明  「私のできることなら、何なりと」

親鸞聖人「この杖で、親鸞の腐った性根を、思い切り叩き直してくれないか」

覚明  「な、何を言われる、親鸞殿」

親鸞聖人「煩悩に汚れ切ったこの親鸞を、打って、打って、打ちのめしてくれ。
     頼む覚明殿。もう親鸞は一歩も進めないのだ」

覚明  「それは、できません」

親鸞聖人「頼む、覚明殿、打ってくれ!」

覚明房、一、二歩下がって、平伏し、

覚明「ひたすら自己に厳しく修行なさる親鸞殿を慕って、お側で修行がしたいと
   参った私に、どうして、親鸞殿を打つことができましょうか。
   それだけは、お許しください」

親鸞聖人「覚明殿……。だめか……」

 煩悩から生まれたこの親鸞に、煩悩から離れることができるのか。天台法華の教えに絶望なされ、聖人はやがて下山の決意をなされるのでした。つづく

コメントは受け付けていません。

恋わずらいに苦しまれる親鸞聖人2

Posted on 30th 10月 2009 by はるき in 未分類, 親鸞の苦悩

 まもなく11月です。11月と言えば、親鸞聖人の報恩講が行われる時期ですね。
報恩講とは何か、少しお話ししたいと思います。

 親鸞聖人報恩講は浄土真宗で、一年の中でもっとも大きな優れた行事です。

 報恩講とはご恩に報いる集まりのこと。

 ご恩とは、どなたのご恩でしょう?

 それは、親鸞聖人のご恩なんです。

 そう言われてもピンと来ない方は、どんなご恩を親鸞聖人から受けているのかを知れば、なるほど、と納得されると思います。

 親鸞聖人のご恩を知るために、親鸞聖人の教えられたことを、前回の話しを続けて、ともに学ばせていただきたいと思います。

 ひょっとした縁で会われた、不思議な女性への恋心に苦しまれる親鸞聖人。恋わずらいは年ごろの人ならばだれでも経験すると思いますが、親鸞聖人は何を問題にされ、苦しまれたのか、私たち一人一人の心を見つめる機会として考えてみましょう。

 聖人、叡山でのご修行中にこのようなことがありました。
ある石仏の前で合掌される聖人の近くを、一晩遊びあかした朝帰りの僧侶たち三人が通りかかりました。

「あー、楽しかったー」
「たまには息抜きも必要じゃわい」
「おっ、あれは親鸞ではないか」
「ん?ああ、あれが、叡山の麒麟児と言われる親鸞か」

 その声に気づき、聖人は三人に一礼されました。

「のぉ親鸞殿。よう頑張られるが、そなたもたまには、息抜きに行ってこられたらどうじゃ」

親鸞聖人「いいえ、私は……」

「そなただってほんとは女子(おなご)が好きじゃろう」
「そなたみたいないい男、『親鸞さま、親鸞さま』と言って女子のほうで離さんぞ」

親鸞聖人「そ、そんな……」(ポッと、赤面された聖人)

「おお、赤くなった。どうやら図星じゃな。そなた、女子のことばかり考えておるんじゃないか」

「んーそうじゃろうなきっと。どうじゃ?」

 聖人は返答に窮してしまわれる。

 僧侶たちはその横を通り抜け、「叡山の麒麟児も、煩悩には勝てず、か!」と笑いながら、通り過ぎて行ったのです。

親鸞聖人「ああ、何たることだ。オレは、体でこそ抱いてはいないが、心では抱き続けているではないか。あの女性のことばかりが心に浮かぶ。それなのに、オレほど戒律を守っている者はないと自惚れて、彼らを見下している。心の通りにやっている彼らの方が、よほど私より正直者ではなかろうか」

 ここで、仏教では我々の行いに三通りあると教えられることを確認したいと思います。

・身業
・口業
・意業

 この三つを「三業」と仏教で言われます。身業とは身体の行い。口業とは口でしゃべる行いです。意業とは心の行いで、心で思うことを言います。仏教ではこの三つの中で意業がもっとも重いと教えられます。なぜならば、身体や口の行いの元は心であり、心が命ずるままに身体は動くのであり、口はしゃべるからです。心で悪いことを思っているとすれば、身体も口も悪に汚染されるのです。

 親鸞聖人は戒律を守らねばならぬご修行中の身。身体や口、上辺は立派なように取り繕うことはできても、心ではどうか。平然と戒律を破り、人に言えないことばかり思い続けているわが身に聖人は驚かれたのです。親鸞聖人の後生ハッキリしたい、何とか明るくなりたい、の真面目さは聖人の眼を自己の心へと向けさせたのです。

親鸞聖人「彼らは昼間は女性のことを忘れていることもあるだろう。しかし親鸞は押さえよう、思わないようにしようとして押さえられず、無間のどん底から恐ろしい悪性が吹き上がってくる。オレは24時間休む間なしに犯し続けているではないか。そうであれば、心で悪を造り続けている親鸞の方が、平家の落武者よりもお粗末で、罪が重いではないか」

 見ザル、聞かザル、言わザルの三つのサルは制御できても、思わザル、だけはどうしようもなかった。

親鸞聖人「醜い心を抱えながら、上辺だけを取り繕って、仏の眼を欺こうとしているこの親鸞こそ、偽善者ではないか。ああ、この心、一体どうしたらよいのか!」

 力なく、林間を、大乗院に、上ってゆかれる聖人でした。(つづく)

コメントは受け付けていません。

恋わずらいに苦しまれる親鸞聖人1

Posted on 16th 9月 2009 by はるき in 親鸞の苦悩

 京都東山の青蓮院にて、師匠の慈鎮和尚から大喝され、再び比叡山に戻られる途中、ふもとの赤山明神で、不思議な女性に会われました。

「親鸞さま。お願いでございます。どうか、いつの日か、すべての人の救われる、真実の仏教を明らかにしてくださいませ。親鸞さま、お願いでございます」

 女性の言葉は、聖人の肺腑をえぐり、その美しい面影とともに、聖人の心に刻みつけられたのです。

「あー、何という美しい女性か。この世にあんな女性(にょしょう)があったのか……。仏の化身か。はたまた魔性の女か……」

 女性のあまりの美しさに心奪われてしまった聖人でした。

 その頃、源平の合戦で敗れた平家の落ち武者たちは、平家一門は皆殺し、という厳しい源氏の追求を逃れるため、にわか坊主となって治外法権の比叡山に潜んでいました。源氏の目をごまかし、身を守るために坊主となった彼らと、親鸞聖人は一緒に修行されねばならなくなったのです。

 彼らは昼間こそ、殊勝そうにしていましたが、夜になるとかつての酒池肉林が忘れられず、山を抜け出しては、祇園や島原の遊女と、戯れていたのでした。夜が白々と明けてきた頃に山に戻って、修行のフリをするが、寝ずに遊んでいたので、居眠りばかり。このようにして山門の風紀が大変乱れていったのです。

 ある夜、にわか坊主たちの甲高い笑い声が聞こえてきます。

「おい、息抜きに行こうじゃないか」
「今日は、どこへ行く?」
「あのベッピンのいる店はどうじゃ」
「あそこは酒がまずくてアカン。もっとうまい所を知っとるぞ」
「あーあ、もう、どこか酒もうまくて女もいい所はないもんかいのー」
「そんなうまい話あるもんか」
「ウハハハハハ!」

 聖人それを横目で見られながら、

「ああ、何たることか。源氏の目をごまかせても、仏さまの目はごまかせないのだ。オレだけでも、仏さま相手に戒律を守り抜いて見せるぞ」と、ますます、教えの通りに身を浄め、真面目に修行なされたのです。

 聖人がある石仏に、合掌せられている時でした。その石仏の顔が赤山明神で出会った女性の顔に見えるではありませんか。そして女性の優しい声がします。

「親鸞さま、親鸞さま」

 激しく首を振って、邪念を振り払おうとされます。仏さまのことばかり考えねばならないのに、経典を読んでいても、文字の上に女性の顔が浮かんでくる。振り払おうとして、夜の道を駆け出していかれるが、まだ声が響いてきます。

「親鸞さま、親鸞さま」

 聖人は起きている時はもちろん、寝ては夢の中にまで、女性のことが忘れられず、恋わずらいに苦しまれるようになったのです。(つづく)

コメントは受け付けていません。

親鸞聖人と美女との出会い

Posted on 25th 7月 2009 by はるき in 親鸞の生涯, 親鸞の苦悩

26歳の親鸞聖人は、青蓮院(しょうれんいん)を訪ね、慈鎮和尚(じちんかしょう)に求道の煩悶を訴えられました。

「仏門に入って17年。親鸞この間、全身全霊修行に打ち込んでまいりました。だがいまだに後生に明かりがつきません」

慈鎮和尚は一喝した。

「後生の一大事は生涯かけての最大事。
だからこそ、我々の先達は、この一大事の解決に、生涯をささげてきたのではないか。
仏道を求めることは、大宇宙を持ち上げるよりも重いぞ、と龍樹菩薩も言われている。10年や20年で、解決のできることではないのだ」

心得違いを猛省された親鸞聖人は、再び、比叡山への道を引き返されるのであった。

その叡山へ帰られる途中のことでありました。
ふもとの赤山明神で、不思議な女性に親鸞聖人は出会われたのでした。

「親鸞さま、私には大きな悩みがございます。是非、山へお連れください」

「伝教より女人禁制の霊地なれば……」

と断られると、

「伝教ほどのお方、『山川草木悉有仏性』(さんせんそうもくしつうぶっしょう)の『涅槃経』(ねはんぎょう)の御文を知られなかったのですか。
この結界にも、メスの鳥や獣はいるでしょうに。なぜ女人を差別されるのでしょう」

驚きのあまり、声もない親鸞聖人に、

「どうか親鸞さま、山上の水を谷川に流して田地を潤すように、山上の仏教を、万人が救われる本当の仏教にしていただきとうございます。
今はこれ以上申しません。記念にお受け取り下さい」

白絹に包んだ玉を渡した女性は、いずこへか姿を消したのでした。

この出来事は親鸞聖人にいったい何をもたらしたのか。次からも、親鸞会の話を聞いている知人の話をもとに親鸞聖人のお歌と生涯をご紹介していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

親鸞聖人の壮絶な修行

Posted on 13th 7月 2009 by はるき in 親鸞の生涯, 親鸞の苦悩

親鸞会でお話を聞いたところによると、比叡山には今日でも、千日回峰行なる荒行があるそうです。
開山以来千数百年、この修行を完遂した者はわずかという、命懸けの修行です。

千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)とは、真夜中の2時に起きて、山上山下の行者道30キロを歩き、堂塔伽藍や山王七社、霊石、霊水など350ヵ所で所定の修行をする荒行です。

5年目には9日間、堂にこもって断食、不眠、不臥という「堂入り」があり、疲労も限界にくると、聴覚が異常に研ぎ澄まされ、線香の灰が落ちる音さえ、「ドサッ」と聞こえると言います。さらに801日目から100日間は、「大回り」を行います。これは山を下りて京都の修学院から一乗寺、平安神宮、祇園と一日80ロを17、8時間で回る苦行です。

親鸞聖人は、その回峰行をしのぐ大曼の難行まで成し遂げられましたが、煩悩は減りもしなければ、なくなりもしなかったとおっしゃっています。
「ああ、いかに厳しい行に打ち込んでも、心の中には欲望が渦巻き、怒りの炎が燃え盛り、ねたみ、そねみが、とぐろを巻いている。どうすれば」
苦悶する親鸞聖人でありました。

親鸞聖人は、学問にも没頭されました。
10歳の時から、天台四教儀、三大部などを学習され、12歳から倶舎、唯識、16歳から華厳……。
ですが、片時も親鸞聖人の心から離れないのは生死の一大事。

「学問によって、なるほど文字もわかり、もつれていた疑問も氷解してゆくが、どうしても解けぬのは、生死の大問題。この一大事、いかにすればいいのか……」

親鸞聖人の苦悶はますます深まるばかりでありました。

コメントは受け付けていません。

親鸞聖人が比叡の山で闘った煩悩とは?

Posted on 1st 7月 2009 by はるき in 親鸞の生涯, 親鸞の苦悩

9歳で出家なされ、比叡山天台宗の僧侶となられた親鸞聖人は、日々、釈尊の説かれた法華経の修行に打ち込まれました。
それは、煩悩との戦いの日々でありました。

今回この煩悩について述べるにあたって、親鸞会で親鸞聖人の教えを学ぶ知人に詳しく聞いてみました。
煩悩とは、私たちを煩わせ悩ませる心のことで、一人に108あると教えられます。
これを108の煩悩と言われます。

中でも恐ろしいのが、三毒の煩悩と言われる、貪欲、瞋恚、愚痴の心です。

貪欲とは、あれが欲しい、これが欲しいという欲の心です。
60数億の人間の中で、欲のない人はありません。

代表的なものを五欲といい、食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲の5つです。

食欲は、食べたい飲みたいという心です。生きるためには仕方がないと、死にたくないウシやブタ、ニワトリや魚など、目生き物の命をどれだけ日々奪っているでしょう。
一円でも多くのお金が欲しい、物が欲しいという財欲のために、遺産相続で肉親と骨肉相はむ争いを始めます。
男は女を、女は男を、常に異性の関心を得ようと身を焦がし、寸時も安らかでないのが色欲です。三角関係のトラブルは、古今を通して、絶えたことがありません。
有名になりたい、褒められたい、認められたいと焦っているのが名誉欲。出世したい、一番になりたいと、競争社会では地位や名誉を得るために、人々は他人を欺き、蹴落としても平気です。
睡眠欲は、朝晩はもちろん、暇があったら一分一秒でも長く寝ていたい、楽がしたいと思う心です。

底無しの欲望は、どこまでいっても満たされることはなく、その欲のために、どれだけ恐ろしいことを思い続けているかしれません。

瞋恚とは、欲の心が妨げられると出てくる、怒りの心です。
怒という字は、心の上に奴と書きます。あいつが邪魔するからだ。こいつさえいなければと、心の中で殺しているのが怒りであり、激しいことは炎のようです。
人前で侮辱されたらどうでしょう。
「あいつのせいで、恥かかされた」
と一生忘れられません。逆上して、衝動のままに親でも子供でも恩人でも切り刻み、八つ裂きにします。毎日のワイドショーでは、そんな事例に事欠きません。

愚痴とは、恨んだり、ねたんだりする心です。他人の幸せは苦々しく、他人の不幸がおもしろい心です。
にわか雨に遭って狼狽している人を見て、喜ぶ心はないでしょうか。犬にほえられ、困惑している人を見て、笑ってはいないでしょうか。艶々たる美人が泥道で足を滑らせ、衣装を汚し、醜態を演じているのを見て楽しんではいないでしょうか。
「お気の毒に」と口では言いながら、ひそかにほくそえむ心があることに慄然とします。醜い心がとぐろを巻いています。このような心で悪を造り、苦しんでいるのが私たちです。

親鸞聖人は、ブッダの教えにしたがい、これら煩悩と戦い、悟りを得ようと厳しい修行に励まれたのです。

コメントは受け付けていません。

比叡山で修行に励む親鸞聖人

Posted on 20th 6月 2009 by はるき in 親鸞の御歌紹介, 親鸞の御歌解説, 親鸞の生涯, 親鸞の苦悩

大曼行(だいまんぎょう)の 難行(なんぎょう)は
事(こと)なく成(な)され 給(たま)いしも
吾等凡夫(われらぼんぶ)の さとりには
叶(かな)わぬものと 百日(ひゃくにち)の

六角堂(ろっかくどう)の 観音(かんのん)へ
深夜(しんや)の祈願(きがん) 遂(と)げたまい
四句(しく)の御告(みつげ)と 吉水(よしみず)の
法然房(ほうねんぼう)を 示(しめ)さるる

(※浄土真宗親鸞会発行の正信聖典P.69~70参照)

大意
大曼行の難行も、親鸞聖人は完全に遂行なされたが、とても我々凡夫の助かる道ではないと、救いを求めて、六角堂の観音へ100日間、深夜の祈願を決行された。
救世観音は、四句の夢告と、京都・吉水の法然上人を示されたのであった。

浄土真宗のお経と言えば、大無量寿経、阿弥陀経、観無量寿経の浄土三部経ですが、天台宗は、お釈迦様の説かれた『法華経』の教えに従い、戒律を守り、煩悩と戦って悟りを得ようとする教えです。その修行は、峻烈を極め、まさに命懸けの難行でありました。

仏教の目的は、仏のさとりを得ることですが、天台宗では、
「私たちの本性は、清らかな仏性である。それが煩悩のさびによって曇っているから、修行によってそのさびを落とし、仏性を磨き出すことに全力を挙げよ」
と教えられます。

例えるなら、私たちは心の中にダイヤモンドのような素晴らしいものを持っている。それが煩悩というゴミやホコリがついて見えなくなっており、それで輝いていないのだ。
その煩悩の汚れやさびを、修行により磨いていけば、ピカピカに輝きわたる時が来る、という考えです。
磨く方法こそ異なれ、いずれの宗派も根底はこれしかありません。

煩悩とは、「煩い、悩む」と書くように、私たちを日夜、煩わせ悩ませるもので、全部で108あると教えられます。
大晦日に108回突く除夜の鐘も、ここからきています。
来年こそは、煩悩に煩わされないように、との願いが込められているのでしょう。

108の煩悩の中でも、特に恐ろしいものが3つあり、「三毒の煩悩」といわれます。
三毒とは、貪欲(とんよく:欲の心)、瞋恚(しんい:怒りの心)、愚痴(ぐち:ウラミ、ネタミの心)の3つです。

親鸞聖人の、比叡の山での日々は、まさしくこの煩悩との壮絶な格闘であったのです。

三毒の煩悩とは何かについては、次回にしたいと思います。

コメントは受け付けていません。