親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

混迷の世に輝く親鸞聖人の教え

Posted on 7th 4月 2011 by はるき in 親鸞の御歌紹介

今年は親鸞聖人750回忌です。

親鸞聖人ってどんな方?
教えられたことは何だろう?

親鸞聖人に関心のある方が増えていることを感じます。

その時、
親鸞聖人90年、伝えられたみ教え、そのご苦労が
切々と歌いあげられている、この「親鸞聖人のお歌」を
是非、一人でも多くの方に知っていただきたいと
思います。

前回の続きをお話しします。

「往生浄土の先達は
 破戒堕落の僧として
 受けし恥辱も御冥加と
 信心為本とまもり在す」

「往生浄土の先達」とは、親鸞聖人のこと。

浄土往生への道案内を果たされた聖人に
ふさわしい言葉と言えるでしょう。

親鸞聖人は往生浄土の先達として、
何としても伝えたいことがある、
との御心で公然と肉食妻帯をなされました。

その聖人の深い御心が分からない大衆は、
お釈迦様の定められた戒律を破り、
堕落した僧だとして

「破戒僧」
「堕落坊主」

と非難をしました。

それらの恥辱を、親鸞聖人はすべてご冥加、
阿弥陀仏のご加護と仰がれたのです。

「これも仏さまのお陰だ。親鸞よ、
 御恩報謝が足らんぞ、と鞭あててくださっているのだ」

と喜ばれ、いよいよ、命がけで、
真実開顕に突き進まれました。

「信心為本とまもり在す」とは、
すべての人を、信心一つで助ける、
と誓われた阿弥陀仏の本願を明らかになされた、
ということです。

今、未曽有の大震災、原発の問題、それによる経済への打撃、
と先の見えない不安に世の中全体が包まれています。

一人一人の心の闇を照らす光こそ、親鸞聖人の教えではないでしょうか。

続けて親鸞聖人のお歌を学んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。