親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

仏教の役割、僧侶の仕事

Posted on 28th 3月 2013 by はるき in 未分類, 親鸞の教え

3月も終わろうとしています。
少しずつ春の気配を感ずる今日この頃です。

親鸞聖人と聞くと皆さんはどんな印象をお持ちでしょうか。

最近の若い人はそのお名前さえ知らない、という人もあると聞きます。
小、中学校の教科書にそのお名前と主著が出ていたのを思い出します。

高校の現代社会という科目のテストでは
「親鸞聖人が教えられた『悪人正機』とはどんな教えか」
という問題がありました。

答えは残念ながら覚えておりませんが、
歴史上の人物として学校で習われた方は多いのでは、と思います。

親鸞聖人が教えられたことと私と何の関係があるのか。
その親鸞聖人の教えを
そのご一生を歌われた「親鸞聖人のお歌」から学んでおります。

今日は前回の続きです。

尊い方の夢のお告げに順い、
猟師であった日野左衛門は自分の家に親鸞聖人と
そのお弟子を招き入れたのでした。

暖をとられながら、親鸞聖人は仰いました。

親鸞聖人
「突然お邪魔をした見ず知らずの者に、
このようなお心遣い、かたじけのうござる。

日野左衛門殿。こんなことを尋ねては失礼だが、
夕べ、『坊主は大嫌いだ』と言われていたようだが……」

日野左衛門
「いや、つまり……、あれはだな。
葬式や法事で、わけの分からんお経を読んだり、
たまに説教すりゃ、地獄だの極楽だのと、
死んでからのことばっかり言って、金を持っていく。
そんな者おれは大嫌いでなあ……。

だってそうじゃねえか。奴らのやってることは、
墓番と葬式だ。死んだ人間の後始末ばかりだ。
どうして生きてる人間に、どう生きるかを教えねえんだ。
それが坊主の役目だろう。

おれたちゃあ毎日どう生きるかで、
朝から晩まで一生懸命なんだ。

その、どう生きるかを少しも教えねえで、
汗水流して稼いだ物を、持っていきやがる……」

ここで、日野左衛門が坊主、僧侶についての
不満を親鸞聖人にぶつけています。

僧侶の仕事、役割とは何でしょうか。

墓番、葬式しかやらず、死んだ人間の後始末ばかりしている
坊主は論外として、
日野左衛門のように「どう生きるか」を
教えるのが僧侶でしょうか。

僧ということについて、
私たちはどういうイメージを持っているでしょうか。

NHKの『クローズアップ現代』という番組で
次のようなアンケートが紹介されていました。

ある講演で取られたアンケートだそうです。

・仏教に対して良いイメージをもっている人は90%
・寺に対して良いイメージを持っている人は25%ぐらい
・僧侶に至っては良いイメージを持っている人は10%ぐらい

というものでした。

仏教に対しては、
現代の多くの人たちが何か尊い、大事なことが
教えられている、と思っているようです。

しかし、
大多数の人が、寺や僧侶に対しては日野左衛門のように
良いイメージを持ってはいないということが分かります。

それに対して、
親鸞聖人が大変尊敬なされている
聖徳太子は『十七条憲法』に次のように仰っています。

「篤く三宝を敬え。三宝は仏・法・僧なり、
すなわち四生の終帰・万国の極宗なり。
何の世・何の人かこの法を貴ばざる。
それ三宝に帰せずしては、何を以てかまがれるを直らせん」
(十七条憲法)

この世に三つの宝がある。
仏宝、法宝、僧宝の三つです。
仏と、仏の説かれた法と、それを正しく伝える僧侶のこと。

親鸞聖人が日本のお釈迦さまだ、と尊敬される
聖徳太子は、僧侶は宝であるから敬いなさい、大切にしなさい、
と教えられているのです。

そんな私たちにとって大切な宝である僧侶に対して、
なぜ、私たちは、良いイメージを持たなくなって
しまったのでしょうか。

引き続き、親鸞会でお聞きしたことを
お話ししたいと思います。

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。