親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

親鸞聖人を恨んだ弁円が、なぜ親鸞聖人のお弟子になったのか

Posted on 17th 4月 2014 by はるき in 親鸞の布教

満開の桜もあっという間に散ろうとしています……。

月日がたつのは本当に早いものですね。

親鸞聖人のお歌を通してお話ししています。

今回はここからです。

「板敷山の弁円は
 如来大悲の恩をしり
 御同朋とさとされて
 今はかしずく語り草」

板敷山の弁円とは、
加持祈祷で多くの信者を集めていた山伏です。

当時、関東で一大勢力を誇っていましたが、
親鸞聖人が真実の仏教である阿弥陀仏の本願を
ひたすら伝えられたことで弁円の信者も弟子も、
次第に親鸞聖人の教えを聞くようになったのです。

それに腹を立てた弁円は
暗殺を計画するも失敗、
やがて親鸞聖人を殺そうと
白昼堂々と稲田の草庵に刀を抜いて
押しかけたのでした。

そんな弁円に対し、
「立場が違えば、私が殺しに来たのだ。
何とか弁円殿に阿弥陀仏の本願を伝えたい」
と、数珠一連を持たれて、懐かしい人でも
迎えるように、弁円の前に出て行かれたのです。

怒り狂っている弁円ではありましたが、
親鸞聖人の慈悲温光なお姿に、
振りかざした刀をおろすことができず、
大地にひれ伏し、懺悔したのです。

弁円は親鸞聖人から、
「ともに阿弥陀仏の本願を聞信させていただく
我らは御同朋・御同行じゃ」と
優しくさとされ、弁円は
親鸞聖人のお弟子になったのです。

阿弥陀如来の大慈悲を知らされ、
明法房と生まれ変わった弁円の物語は、
800年を経た今日もなお、語り草と
なっているのです。

つづく

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。