親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

親鸞聖人降誕会で明かされた「なぜ生きる」

Posted on 30th 5月 2014 by はるき in 未分類

親鸞聖人がお生まれになったのは5月21日です。

その前後、各地で親鸞聖人がお生まれになったことをお祝いし、
親鸞聖人降誕会(ごうたんえ)がつとめられます。

先日、浄土真宗親鸞会で、降誕会が勤修され、
そこで聞かせていただいたことを通して少しお話ししたいと思います。

かつての人気番組で歴史上の人物ベストワンと言われるほどの親鸞聖人。
約800年前に生まれられたことを喜び、
90年のご生涯、何を教えられたのか、
その教えをよく、正確に聞かせていただくご縁が親鸞聖人降誕会です。

親鸞聖人は何を教えられた方なのでしょうか。

「なぜ生きる」、このこと一つ教えられました。
いや、親鸞聖人しかなぜ生きる、を教えられなかった、
ということです。

「なぜ生きる」
こんな毎日の繰り返しに何の意味があるのだろう、
そう思われたことがある人は少なくないのでは
ないでしょうか。

これは実は古今東西の全人類の問題です。

「古今」とは仏教で三世(さんぜ)、ということです。
過去世、現在世、未来世のことで、いつでも、
ということです。

「東西」とは仏教で十方(じっぽう)のことです。
四方、八方とは聞かれたことがあると思いますが、
仏教ではどこでも、ということを十方といわれます。

親鸞聖人が「なぜ生きる」を教えられた、ということは
800年前の人、日本の人だけにおっしゃったのでは
ない、ということです。

親鸞聖人は、アメリカの人にも、中国の人にも、
フランスの人にも、すべての人に、
そして現代の私たちに、そして未来の人たちに
ずぅーっと、
「何のために生きるのですか」と問い続けられている、
ということなのです。

親鸞聖人の教えと関係のない
古今東西の全人類はいない、といえるのでは
ないでしょうか。

親鸞聖人の教えを世界の光と言われる所以を
改めて知らされた思いです。

私たちは生まれてきたということは、
空と水しか見えない海に放り込まれた、ということと
いえないでしょうか。

泳がなければ死んでしまいます。
泳ぐときに問題になるのは二つ考えられます。

どう泳ぐかの泳ぎ方と、もう一つは泳ぐ方角です。
その二つのうち最も大事なのは泳ぐ方角です。

いや、泳ぎ方、どう泳ぐかのほうが大事だよ、
と言われる人はあるでしょうか。
泳いでいたら、やがて力尽きてしまいます。
泳ぐのは大変だからです。
生きることが大変ということと同じです。

あの芥川龍之介は言っています。

「人生は地獄よりも地獄的である」と。

そんな人生に絶望し、三十代半ばで芥川は自殺しています。

お札になった夏目漱石は妻に宛てた手紙で
「人間は生きて苦しむための動物かもしれない」と
言っています。

これらの人は人生の表、裏をすべて知り尽くして
それを表現できる人たちです。

これだけ政治、経済、科学が変わっても、
自殺者は絶えることがありません。

日本だけで毎年三万人近くの人が自ら命を
絶っています。
苦しい人生、なぜ生きるのでしょうか。

先月、韓国のフェリーが転覆したという
大変な事故がありました。

そして悲しいことに高校生が
たくさん亡くなりました。

修学旅行に行く高校生の多くは、
眠れないほどうれしかっただろうと思います。

まさかその日の朝食が最後の食事になろうなんて
夢にも思っていなかったでしょう。

しかし、夢うつつの船旅行から目を
さまさせられます。

事故が起きて、船が傾いていく、
初めは船内放送でじっとしておれ、とのことでしたので、
問題ないと思っていましたが、
いよいよ船が沈んでいく時に、助からないと分かった時に、
船内が一変し、地獄と化したのではないでしょうか。

これは全人類の姿と言ってもいいのではないでしょうか。

こうなることが分かりながら、なおも生きるしかない
人間の姿を地獄的である、と芥川龍之介は言いたかったので
ないでしょうか。

私たちにも、必ず沈没、死という一大事があります。
この一大事を仏教で後生の一大事と言われ、
この一大事の解決こそ、なぜ生きるの答えであると
親鸞聖人は教えられているのです。

続く

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。