親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

親鸞聖人の見られた磯長の夢告の意味

Posted on 14th 6月 2009 by はるき in 親鸞の生涯

19歳の親鸞聖人が、磯長(しなが)の夢告で最も深刻に受け止められたところは、何と言っても、
「おまえの命は、あと十年余りしかないだろう」
という予告であったことは、想像に難くありません。

「その命が終わる時、おまえは速やかに浄らかなところへ入っていくであろう」
の夢告の意味も時の親鸞聖人にとっては、不可解な予告であったに違いありません。

「だからおまえは、今こそ本当の菩薩を心から信じなさい。深く信じなさい」
と言われても、本当の菩薩とはだれなのか、どこにましますのか、親鸞聖人のなぞは深まる一方だったと思われます。

しかし、これらの夢告のなぞが一度に解ける時がやってくるのです。

親鸞聖人は、阿弥陀仏に救われた時に一度死んだ、とおっしゃっておられます。
同時に無碍(むげ)の光明界にとび出させていただいた、ともおっしゃっておられます。

『愚禿鈔』(ぐとくしょう)の、

「本願を信受するは、前念命終(ぜんねんみょうじゅう)なり。即得往生(そくとくおうじょう)は、後念即生(ごねんそくしょう)なり」

とは、この信心決定(しんじんけつじょう)の体験を述べられたものです。

それが親鸞聖人29歳の体験でありましたから、まさに磯長の夢告から10年余りの出来事であったのです。
「10年余りで死ぬ」
と言われたのは、迷いの心のことであったのです。

そして、
「速やかに浄らかなところへ入っていく」
と言われたのは、一念で絶対の幸福に救い摂られるであろうことを、予告なされたものでありました。

しかも、その阿弥陀仏の救いを親鸞聖人に説き切ってくだされた本当の菩薩(真の菩薩)は、法然上人であったことも、同時に明らかに知らされたことでありましょう

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。