親鸞聖人のお歌の心を読み解くサイト

親鸞聖人と美女との出会い

Posted on 25th 7月 2009 by はるき in 親鸞の生涯, 親鸞の苦悩

26歳の親鸞聖人は、青蓮院(しょうれんいん)を訪ね、慈鎮和尚(じちんかしょう)に求道の煩悶を訴えられました。

「仏門に入って17年。親鸞この間、全身全霊修行に打ち込んでまいりました。だがいまだに後生に明かりがつきません」

慈鎮和尚は一喝した。

「後生の一大事は生涯かけての最大事。
だからこそ、我々の先達は、この一大事の解決に、生涯をささげてきたのではないか。
仏道を求めることは、大宇宙を持ち上げるよりも重いぞ、と龍樹菩薩も言われている。10年や20年で、解決のできることではないのだ」

心得違いを猛省された親鸞聖人は、再び、比叡山への道を引き返されるのであった。

その叡山へ帰られる途中のことでありました。
ふもとの赤山明神で、不思議な女性に親鸞聖人は出会われたのでした。

「親鸞さま、私には大きな悩みがございます。是非、山へお連れください」

「伝教より女人禁制の霊地なれば……」

と断られると、

「伝教ほどのお方、『山川草木悉有仏性』(さんせんそうもくしつうぶっしょう)の『涅槃経』(ねはんぎょう)の御文を知られなかったのですか。
この結界にも、メスの鳥や獣はいるでしょうに。なぜ女人を差別されるのでしょう」

驚きのあまり、声もない親鸞聖人に、

「どうか親鸞さま、山上の水を谷川に流して田地を潤すように、山上の仏教を、万人が救われる本当の仏教にしていただきとうございます。
今はこれ以上申しません。記念にお受け取り下さい」

白絹に包んだ玉を渡した女性は、いずこへか姿を消したのでした。

この出来事は親鸞聖人にいったい何をもたらしたのか。次からも、親鸞会の話を聞いている知人の話をもとに親鸞聖人のお歌と生涯をご紹介していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。